「無いなら作る」の精神が生み出した鍵盤ハーモニカMOKU×HAMO

■成り立ち

 

TommyCHOはJazz鍵盤ハーモニカ奏者とはいえども、”奏者”のみに留まることなく、 演奏と同じ熱量で楽器製作にも力を入れている。

鍵盤ハーモニカといえば、まず思い浮かべる楽器のイメージは幼稚園・小学校の教材として使われているプラスチック製のボディー。

楽器として生を受けつつも”教材”と言う役割に重点をおかれて作られていることから、

楽器としての音質よりも、まだ楽器の扱いに慣れていない子供が扱っても壊れにくいことや、教材として購入 する価格がリーズナブルであることを求められるため、現在のプラスチックの姿が定番となっている。

しかし鍵盤ハーモニカを愛する者として、 管楽器を専門にしてきた経験を生かして、なんとかして教材としてだけではなく多彩な音色を生み出せる楽器にしてあげられないものか?という思いから、業界の中でいち早くボディー自体 の質に着目し、そこからTommyCHOの製作者としての探究が始まった。

豊かな響きになるように一から設計を行い、それを木製や樹脂をはじめとした色々な素材で試作と改善を重ね、鍵盤ハーモニカの可能性を開拓し、現在もなお様々なニューモデルやマイナーチェンジが続けられる。

 

そうして出来上がった数々の楽器は、今日では有名楽器メーカーからも定番アイテムとして発売されている”グースネック”や”木製鍵盤ハーモニカ”、さらにはエフェクターを使用 した奏法に至るまで、とにかく当時の鍵盤ハーモニカ界には目新し過ぎる発明品ばかり。

その全てがメジャー楽器メーカーの製作者たちの注目を集めることとなり、さらには追って発売されるまでになり、 鍵盤ハーモニカ奏者としてだけではなく鍵盤ハーモニカ製作者のパイオニ アとしての存在を確立することとなった。

 

現在では森林再生プロジェクト『音楽は森を救う会』を主催し、自らが世界初で完成させた木製鍵盤ハーモニカ「MOKU×HAMO」の製作を間伐材を用いて行うことで環境保護を目指すとともに、その楽器を用いた鍵盤ハーモニカの市民オーケストラを立ち上げ、市民の音楽交流の場を作り社会貢献に尽力するなど様々な活動を行なっている。

 

 

 

■歴史

 

2005年11月

初のTommyCHOオリジナルモデル「1号機」が、「アトリエ森」の協力のもと完成。

この初号モデルはアメリカ最大の音楽祭「SXSW2006」に選出され出演した際に演奏に起用された。

世界に類を見ないそのオリジナリティあふれる楽器の特徴や奏法、楽曲が世界から高く評価され、ヨーロッパツアーをはじめ世界へと羽ばたく事となる。

 

2006年3月

オリジナルアルバム”Core”で初代モデルの鍵盤ハーモニカを起用。

 

2007年

様々な素材での試作期間を経て、 世界初のデルタデザインを使用した スケルトンのプロモデル「Delta37」が完成。

2008年

木製デルタモデル完成。

2009年7月

「メロディオン」の生みの親、鈴木楽器本社の工場にて技術者たちと交流。

TommyCHOが鈴木楽器のHAMOND-44を演奏し、 鈴木楽器エンジニアがTommyCHO考 案の当時未発売デルタモデルを演奏しての 夢のセッションが実現、鍵盤ハーモニカを介して交流を深めた。

2010年3月

木製鍵盤ハーモニカにファンタジー画家そらのあお氏の絵を施したコラボレーション作品が完成、美術展覧会に発表される。

2010年11月

前期モデルから設計をマイナーチェンジしたデルタモデルのオレンジカラーを発表。

2011年6月

東北大震災のボランティア活動「Tommy Cocolo Project」での活動の際、 ボランティア仲間で木工のプロフェッショナル、中村氏との出逢う。

トミー氏の熱意に感銘した中村氏の工房にて木製鍵盤ハーモニカを試作し 「ジュピター」が完 成。

木製と”木星”をかけたネーミングと、それを体現したトーンホールデザインがお洒落な木製モデル。

2011年8月

オリジナル木製鍵盤ハーモニカ「Pcat-37」を発表。求め続けた鍵盤ハーモニカの音が理想の形にまとまった様々な楽器との共演が叶う初のモデルとなったこの頃から、ステージに木製鍵盤ハーモニカを起用する機会が増えて行くこととなった。

2011年8月

千曲市のNPO法人「千曲の森」から千曲産の間伐材を提供の提案を受け、これを機に音楽で直接環境問題に貢献をしたいと兼ねてから計画していた「音楽は森を救 う会」の活動がいよいよスタートすることとなる。

2012年3月

使われなくなった鍵盤ハーモニカを救い、 間伐材とともに新たな楽器としてリサイクル再生する試みを開始。 小学校の卒業制作に木製鍵盤ハーモニカが 採用される 。

2012年9月

TommyCHO自らが指導・指揮する世界初の鍵盤ハーモニカオーケストラの為に作られた「木製スチューデントモデル」を発売開始 。

2013年7月

長野県千曲市更埴文化会館あんずホールにて行われた1000人のコンサート「1000曲の風」コンサートにて、TommyCHO主催の世界初の木製鍵盤ハーモニカオーケストラの全国のクラス が集結し初めての合同出演を果たす。 ここでも世界初の試みが大きな反響を呼ぶ。

 

2014年5月

フランスにてTommy CHOオリジナル木製鍵盤ハーモニカ「P-cat」を発売。

2014年6月

材を繋ぎ目無しの一枚板の 無垢材をくり抜いて作るという新たな発想で生まれたソリッドなサウンドが特徴の 木製モデルを発表。

2016年

より固い材である杏の木を採用した「あんずシンフォニカ」完成。

2017年7月

重厚感あるオリジナル檜モデルを発表。(CDアルバム“Nica”にて起用 )

2019年4月

スチューデントモデル37鍵盤バージョン「シンフォニカ」が完成し、発売が開始される。