TOMMY CHO

漢詩作家で書道家の父のもと幼少より書や水墨画を始め
4歳よりピアノ、12歳でトランペットを始める。
大阪音楽大学音楽学部器楽科専攻。

在学時より演奏活動をスタート。
スペインを代表するホアキン・グリロ氏や

ラファエル・アマルゴ氏のオープニング音楽の作曲

スイスジャズオーケストラのアントネロ・メッシーナ、
アフリカンパーカッションのBB・モフラン、

ハービー・トンプソンとの共演など
世界の第一線で活躍する数々のアーティストと共演。

95年阪神大震災に被災し活動休止を余儀なくされる。
絶望の中震災瓦礫に廃棄された一台の鍵盤ハーモニカを
見つけ

救い上げたことを期に、鍵盤ハーモニカバンド

Tommy ☆ PiaNica Soul!』を結成。

生死を分けた体験を伝えるべく演奏活動を再会。
自身の被災経験から96年「Tommy Cocoloプロジェクト」を立ち上げ
台湾大震災、中国四川大震災、東日本大震災など現地へ赴いての

震災復興支援や震災孤児達に楽器と演奏を贈る復興支援活動も行う。
 

06年、全米オーディションを勝ち抜きアメリカで開催される世界音楽祭

サウス・バイ・サウスウェスト『SXSW 2007』日本代表に選出され
鍵盤ハーモニカのサウンドが世界の注目を集める。
同年6月には、フランスツアーを敢行。ヨーロッパ随一の音楽祭
Fete de la musique」に招待され、フランス・モンブランTVに

特番が組まれる。

国内ではNHKで特集がくまれ、テレビ朝日「キス濱ラーニング」では

ジャニーズのキスマイ(Kis-My-ft2)と共演し、鍵盤ハーモニカの

スーパーテクニックを広く紹介され全国にケンハモブームが起こる。
サウンドプロデューサーとしてもビクターレコードから
楽曲をリリース
レコーディングに於いても国内外のアーティストからの信頼も厚い。


また日本の山林間伐材を用い世界初となる木製鍵盤ハーモニカを製作

 森林再生プロジェクト『音楽は森を救う会』を主催。
また自身のコンサートの他に、全国の小学校に於いて

鍵盤ハーモニカの音にのせて「心の眼で観る音楽」コンサート

開催し音楽の魅力を伝えるべく活動を続けている。

また2017年長野県千曲市公式キャラクター「あん姫」のイメージソング

あん姫のうた」を作曲。

2018年千曲市観光大使に任命される。